ホルムガードのフラワーベースに秋色あじさいを挿しました。


素人の趣味のひとつで、暮らしに花を取り入れています。

今回は、水無月(ミナヅキ)という名前の秋色アジサイを『Holmegaard(ホルムガード)』のフラワーベースに挿してみました。

ブランド:Holmegaard(ホルムガード)
商品名:フローラ
サイズ:24cm short
カラー:スモーク

初心者の私でも、お花1本だけでも、何だかそれっぽくしてくれるこちらの花瓶。

難しそうな大きなお花や枝ものにもチャレンジできるようになって、楽しみも選択肢も広がりました。

秋色あじさいはグラデーションがきれいですし、ボリュームがあるのでドライフラワーにしても存在感があっていいですね。

私がお花に興味を持ったのは、虹の橋へ旅立ったテラという猫がきっかけです。

【わが家の猫紹介】私がペットホテルを始めたシンプルな理由

夏のように暑かった5月下旬、テラを失った私は今まで幾度となく通っていた道に紫陽花が咲いている事を初めて知りました。

お花って自分がいつも通っている道端にも、住宅のお庭にも、都会にも咲いていたんですね。

それからは、自分の周りのお花に目が行くようになり、テラにお供えするためにお花屋さんへも行くようになりました。

咲くときが来たら思いっきり咲いて、散るときが来たら潔く散るお花達。そしてまた咲くんですね…。

猫と紫陽花がきっかけで始まった花のある暮らしなのでした。

ピョコッと飛び出していた部分があったのでカットしてテラのところへ。

【再利用】空き瓶をフラワーベースとして使ってみました。

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ